ヨコモFD3Sボディ塗装製作2

sponsored link


ライトユニットプラパーツを取り付ける際のコツとは。

SD-REALA ヨコモ RE雨宮用 ライトユニットプラパーツ

こちらのライトパーツはピッタリ取り付け出来るように出来ているのですが、少々手を入れます。

ライトパーツ取り付け時に先端がボディ突き当たってしまい、位置調整をするスペースが無いんですね。

事前に位置合わせをしてマスキングで合わせても良いのですが少々面倒です。

ライトユニットプラパーツの先端をカットする。

ペンで印を付けた分だけカットします。

見えない部分なので切りっぱなしでも良いのですが、切り落とした後にヤスリで綺麗に整えます。

その方が気持ちが良いですよね。

少しカットしてあげるだけで位置合わせスペースに余裕が出来ます。

メーカーさん的には、突き当てて位置合わせが出来て尚且つ取り付けが安定するという事だと思うので理に叶っていると思います。

ネジ類など細かいパーツの紛失には注意

SD-REAW ヨコモ RE雨宮 RX-7 FD3S アクセサリーパーツセット

ボディに穴あけをしてネジ止めで取り付けするタイプです。

先にドアミラー側にネジを入れ込んでねじ切りしておきます。

取り付けの際に斜めに入れてしまう事も無くなるので楽です。

また、ねじを紛失してしまう事もなくネジ数量の確認にもなりますね。

 

SD-REAW ヨコモ RE雨宮 RX-7 FD3S アクセサリーパーツセット

ウイングも同じですね。

 

既に皆さんやられてると思いますが、ドライバーはマグネットを貼り付けておくと取り扱いが楽になります。

100均で売ってますね。

 

 

・ヨコモFD3S制作1~6をもう一度見る 
・ヨコモ FD3S 製作1・ヨコモ FD3S 製作4
・ヨコモ FD3S 製作2・ヨコモ FD3S 製作5
・ヨコモ FD3S 製作3・ヨコモ FD3S 製作6

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です